橈骨遠位端骨折後のしびれ改善

転倒して手をつくと骨折しやすいのが橈骨遠位端骨折です。

軽度でずれがなかったり、元の位置に整復できればギプス固定で治りますが、

ずれが大きかったり重度になると手術になります。

今回は、橈骨遠位端骨折の手術後の手にしびれの改善例をご報告します。

初めは手関節の可動域も制限があったので、手関節の可動域を拡大していったり、

手関節周囲に手術時の傷があり、癒着もあったので、術創部をリリースしたりしていました。

可動域も改善し仕事に復帰しましたが、仕事でたくさん手を使うとしびれが悪化すると。

手関節をみても手のアーチもしっかりしていたので、肘関節をチェック。

転倒時に手をついたときにずれたのかはわかりませんが、位置がずれていたので、

肘関節を調整したところ、直後に「あっ。しびれがなくなった」と喜びの声が(*^^*)

手関節のところではなく、肘のところで神経を圧迫していたんですね。

骨折は時間がたてば自然にくっつきますが、骨のずれや癒着は自然には戻らないので、

原因に対して治療が必要です。

しびれ取れて本当によかった(*^^*)

関連記事

  1. ダンサーの腰痛改善

  2. 寝起きの腰痛

  3. 腱鞘炎改善例

  4. 膝の可動域が一気に改善!!

  5. 捻挫後なかなか腫れがひかない・・・

  6. 肩は固くないのに手があげられない症例

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA